彩ママブログ blog

日記です。

トラブル

2年前に主人のお父さんが亡くなりました。

まだ65歳だったから、これからが第二の人生だったはずなのに。

まだまだ娘の成長を見守ってほしかったな…。

 

突然のことだったので、実感できずにいましたが…。

そんな悲しみから、悲しんでばかりはいられない事実が発覚し、

急に現実に戻されることになりました!!

 

なんと、主人のお父さんが、知り合いの連帯保証人になっていたのです!!

督促状の内容を熊本に住んでいる主人のお母さんに聞いたら、それは主人のお母さん宛でした。それから数日後、主人宛にも督促状が届きました。

 

私は、主人のお父さん宛に督促状が届いたと思っていたら、勘違いでした!!

 

どうやら、主人のお父さんの相続人ということで、お母さんと主人に通知が来たらしいです。

主人のお母さん宛、主人宛ということは、二人が主人のお父さんの知り合いの借金を返済しないといけないってことですよね…。

その金額の合計が…約2000万円。そんなお金…。

 

そもそも連帯保証人って…絶対に保証人にはなったらダメ!という話は聞きますよね。

 

 

連帯保証人とは、

主たる債務者と連帯して債務を負担することを約束した保証人。というらしいです。

 

お母さんも、主人もお父さんは借金はしていない聞いていたのでみんなびっくりです。

 

 

どうしたらいいの?少しずつでも返していけばいいという金額ではありません。

私も働けばいいの?こどもの幼稚園もあるし、仕事もすぐに見つかればいいけど…。

 

働いたら、なかなかママ友とランチも行けなくなる…。私の唯一の楽しみが…。

 

でも問題の大きさを考えたらママ友ランチなんて言ってられません。。。